<   2002年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鎌倉・岩八手の花

(2002年3月31日)晴れ。 鎌倉の珍しい花探しに来ました。
葉っぱが八手(やつで)に似ている為に、この名前が付いたとか。
c0059854_1846398.jpg

岩やつでの花の解説

・高さ30cmほど。
・春から夏にかけて
白い花を密集して咲かせる。
・学名 「丹頂草」(たんちょうそう)。
弘法大師が1200年も昔に、鎌倉の地に布教活動の折り,
現在のJR鎌倉駅から西へ直線で4キロメートルの村里にある
「青蓮寺」に立寄った由緒有るお寺の庭に植えてあった。
(しょうれんじ と、読みます)・・・地元では鎖大師さん言ってました。
岩八手の全景をご覧有れ。
c0059854_18473566.jpg

(鎌倉市手広の「青蓮寺」の岩やつで)

境内は,弘法大師の石像がいたるところにあった。
花木は、梅の木には,小さな実が付き,桜は,満開を過ぎ,
強風に吹かれて,桜吹雪となっている。今が盛りは、桃の花で有る。 

・・・鎌倉・徘徊人のれぽーとです。・・・
鎌倉に通いはじめて、丸一年経った。

神社やお寺もずいぶん駆け回ったが、2万分の一の地図で、
「125ヶ所」をリストアップできるのだが,まだ,行っていなかった
ところが幾つかあった。
今日(3/31)は、青蓮寺(119),熊野神社(120),泉光院(121),天満宮(122)ヶ所目を訪ねる事にした。

小田急・片瀬江ノ島駅を11:55にスタートして、湘南モノレールを乗り継ぎ,西鎌倉駅で下車し、青蓮寺を目指す。

青蓮寺は、弘法大師に関わりを持つ由緒有るお寺で,本尊の弘法大師坐像膝に鎖を使っているので,「鎖大師」と、謂れの有る国の重文の指定を受けた彫刻がある。
青蓮寺の裏手に,熊野神社は有った。

次ぎのお寺を目指して,「柏尾川」沿いにだいぶ歩いた。
川の中で珍しいものを発見!注ぎ込む支流から、おいしい餌でも流れてくるのか鯉が集まっていた。
一方、今日は,夏日だ。中洲に,亀の一団が「甲羅干しをしている」、

約10匹くらい居た,一度,脅かして,川の中に入らせ,再度、上陸したところをカメラに収めた。
甲羅が水にぬれて,光っている。

JR大船工場への曳き込み線路を渡り,上町屋地区に入る。
この辺り一帯は,新田義貞の鎌倉攻めのもっとも攻防戦の激しかった所だった。
「泉光院」「天満宮」に立寄って,次ぎに,柏尾川を渡り,JR東海道本線を潜り,武田薬品・湘南工場を迂回して,「貞宗寺」「円光寺」に立寄った。

鎌倉市植木の「久成寺」は、隣りの藤沢市まで200メートル、鎌倉の端っこのお寺で有る。
門前の枝垂桜についつい,引き込まれて,シャッターを押した。
c0059854_18524947.jpg


鎌倉から,藤沢市に入り,初めてのお寺「慈眼寺」と云う。
山門の柱に龍の透かし彫りが施して有る。こんなにお金を懸けたお寺も珍しい。

この寺の近くからバスに乗り,小田急藤沢駅に17:00着。
万歩計は,16,835だった。
[PR]
by 2005konchan | 2002-03-31 18:41 | 鎌倉3月の花

鎌倉・枝垂れ桜,貝母の花

2002年3月21日の空は花曇り。
今日は、珍しい花探しに鎌倉に来ました。
c0059854_17245621.jpg

(初めて知った「貝母」の花)
(収玄寺の庭、明王院の庭、光則寺の庭で見つけました)

ばいもの花の解説

・葉は細長く、先端は巻きひげ状になる。
花はうす緑色で釣鐘に似ている。
・中国原産。日本には薬用植物として入り
鱗茎をせきどめや止血、解熱などの
薬用に利用する。
・別名「編笠百合」(あみがさゆり)。
花の形がまさにそれ。
・2月7日の誕生花。
・花言葉は「謙虚な心」。

c0059854_17253917.jpg

知名度の低いお寺にも、手入れの行き届いた枝垂れ桜の銘木が有りました。
(鎌倉市大町の「本興寺」の枝垂れ桜)

・・・「鎌倉・徘徊人」のレポートです。・・・

今回も、枝垂れ桜を中心に鎌倉のお寺を歩いてみました。
そして、「ばいも」なる珍しい花に出会いました。

江ノ電・藤沢駅を12:00にちんちん電車は走り出した。
途中、長谷駅で下車して、収玄寺→光則寺と、「ばいも」を探す。
光則寺の境内にもいろいろな花が咲いていた。枝垂れ桜は花より葉っぱが多い。
ミツマタの満開を見つけた。
カイドウの花もあと一週間もすれば見頃となる。
光則寺の中庭で見つけた真っ赤な紅葉の若芽、そして、強風に耐えている山門前の枝垂れ桜が印象的だった。

再び、長谷駅から乗り、ちんちん電車で鎌倉に向かう。

駅からもっとも近い大巧寺の庭に立ち寄り→本覚寺の
枝垂れ桜を見て→本興寺に行く。
「本覚寺」境内の枝垂れ桜は、満開を過ぎてもまだ、花びらが多かった。
「本興寺」の境内に有る枝垂れ桜は、日陰に当たるせいか、
まだ満開にならず、 ピンクの色合いも濃かった。

このお寺の敷地に住んでいる方(湘南鎌倉MLの会員)から
の情報で、見頃を知った。

続いて、安国論寺→長勝寺→まんだら堂跡→尾根道→
ハイランドさくら道→光触寺→明王院→尾根道→瑞泉寺→
鶴岡八幡宮→段葛→鎌倉駅

日蓮上人ゆかりの「安国論寺」の山門前の枝垂れ桜も今が見頃だ。
日蓮上人ゆかりの「長勝寺」の境内には吉野桜に負けじと枝垂れ桜が 何とか耐えています。

冬の間、スイセンや梅で鎌倉観光の人気を集めていた「瑞泉寺」の境内はめっきり花が少なくなりました。
枝垂れ桜は二本有ったが、写真にするには背の高い木であった。
夢窓国師の手がけた庭園前の枝垂れ桜も葉が目立ち始めた。
ひときわピンクの花が花の少なくなった庭を彩っている。
十月に7割ほどの花が開き、残りの3割が春に咲くといわれる「年間二度咲き」の冬桜
c0059854_17263278.jpg

鎌倉駅に到着したのは17:20、万歩計は「11,640」を示していた。
[PR]
by 2005konchan | 2002-03-21 17:22 | 鎌倉3月の花

鎌倉・三椏と連翹の花

(2002年3月17日)晴れ。 ミツマタの花を追って4週間になる。
併せて、レンギョウの花も探した。   今週も見ごたえ充分なり。


c0059854_1611422.jpg

(赤い花弁のミツマタ)・・・湘南地区の「常泉寺」にて。

c0059854_1612680.jpg

常泉寺の河童達も,ミツマタの花見に興じていた。

c0059854_16122123.jpg

連翹(レンギョウ)の花は、お隣りの国・韓国で,「春告げ花」と
言われている。

湘南地区の一角(大和市福田)に、「花のお寺」または,カッパ寺と称される
お寺には,200本のミツマタの木が植えられており,境内の外にまで,
花の香りが流れてくる。
イベント期間中は、ライトアップも行なうようだ。
常泉寺の参道や境内には、白,黄色,赤と色とりどりの三椏がある。

北鎌倉駅を12:00にスタートして,光照寺、円覚寺、東慶寺、海蔵寺、
浄光明寺、宝戒寺、大巧寺、常栄寺、妙本寺、本覚寺と、
今回の花「ミツマタとレンギョウ」を、そして、次回の花探しをした。

その中から,特別お知らせしたいのが,「光照寺のミツマタ」,「東慶寺のミツマタ」,「海蔵寺のミツマタ」,「浄光明寺のミツマタ」,「大巧寺のミツマタ」円覚寺・仏日庵の白モクレン 円覚寺・仏日庵 東慶寺の「彼岸桜」と「はなもも」 そして,一番奥に、
c0059854_16362561.jpg

東慶寺のシダレザクラが風に揺れていた。

c0059854_1614571.jpg

海蔵寺のユキヤナギも満開だった。

万歩計は、鎌倉駅 17:15着で、カウンターは10,222だった。
[PR]
by 2005konchan | 2002-03-17 16:10 | 鎌倉3月の花

鎌倉・ミモザの花

(3月3日)は曇り、今回はちょっと珍しい『ミモザ』の花を探して鎌倉を歩きました。
c0059854_12393226.jpg


じつは、我が家の斜め前の庭に、樹齢25年のミモザの大木がある。
成長が早くて、枝の伸びが早く、道路にはみ出している。
雪害にも弱い木で、幹が裂けたりするのである。

12:25江ノ電藤沢駅をスタートした。  極楽寺で下車し、極楽寺の裏庭に
ミモザの樹齢20年ものを発見した。

c0059854_12403822.jpg

その後、成就院、収玄寺、高徳院(鎌倉大仏)と歩き、大仏さんの向かい側の庭で見つけ、

次に、バスで 材木座まで行き、来迎寺の庭にあるミモザの木を撮影した。
この寺のミモザ情報は、江ノ電-沿線歳時記にこう記してあった。
「鎌倉有数の銘木であり、その様子は一度目にすると忘れられない美しさです。」・・と、でも、その木は、樹齢10年ものと近ちゃんは判断した。

そのあと、長勝寺、大宝寺、宝戒寺、鶴岡八幡宮へと、来週の主役の花を探しながら、ウォーキングする。
最近、ミモザの木を植木に使用する洋風の家庭が増えてきた。

本日の万歩計は、8,825カウンターだったが、大仏近くの民家の庭、
来迎寺の近くで、3ヶ所の民家、妙法寺の近くの民家、大宝寺近くの民家
と、六ヶ所の植木を見つけた。・・・これから、増えそうな気配がする。
真っ黄色の花、花の形がまん丸で可愛らしい、そして、匂いが良いのである。

収玄寺の庭に,「金魚椿」がある、葉の形が金魚の尻尾をしている。
「♪庭のさんしゅうの木~♪ ~」と、唄に歌われる木もあった。

大宝寺の庭の「三椏」の花が満開で,真丸くなっていた。 
c0059854_1241155.jpg


ウォーキングコースの最後に「鶴岡八幡宮」に立寄った。
 
c0059854_12413615.jpg

 大石段の上部にある「河津さくら」が満開である。
時折、枝がさわさわと動く、良く見ると,メジロが桜の蜜を吸い回っているのだ。
   (鶴岡八幡宮の「河津さくら」は、ここからどうぞ)
[PR]
by 2005konchan | 2002-03-03 12:29 | 鎌倉3月の花


万歩計を腰につけて、鎌倉を歩き回ったことを思い出しました。


by 2005konchan

プロフィールを見る
画像一覧

近ちゃんギャラリー

当ブログの母体である「近ちゃんギャラリー」もお薦めいたします。

タグ

(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

カテゴリ

全体
ハスの花
ひなまつり
歳時記
紅葉
梅の花
かもめ
水族館
あじさいと古民家
だるま市
手作り品
鎌倉1月の花
菜の花
鎌倉2月の花
湘南2月の花
黄金色の輝き
鎌倉3月の花
夜桜
歴史に残る建築物
鎌倉4月の花
鎌倉5月の花
鎌倉6月の花
空襲による被災樹木
未分類

以前の記事

2015年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 02月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2002年 01月
2001年 04月

お気に入りブログ

関西ウォーカー自遊人 T...
カステラの日々是香日-

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31