「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大葈耳 (おおおなもみ)

最近、私の行動範囲から消えた植物に『ひっつきむし』が有る。
50年も前の小中学生の頃の遊びの一つに、「手投弾」遊びがあった。
この実がセーターにくっつくと、取り去るのに泣きの涙である。

じつは、昨日、川越市からバスに乗り、隣りの坂戸市の「慈眼寺のしだれ桜」を撮影に行った。

バス停は『川越境』・・・・川越と坂戸の間らしい。
道路わきの30メートルほどの空き地に『大葈耳 (おおおなもみ)』が生えていた。

花は私の手持ちに写真が無いので、ネット検索から借用したものである。
同じ枝に、メス花、雄花が着くとの事。   外来の品種との事。

c0059854_1014527.jpg


c0059854_10145241.jpg


c0059854_1015873.jpg


クッツキムシを花として見ることは少ないですね。
上部の丸いのが雄性頭花で、クッツキムシになるトゲトゲが雌性頭花です。

c0059854_10152625.jpg


c0059854_1015404.jpg


--------------------------------------------------------
外来種と分布に付いてネットから調べて見ました。

最近ではほとんど見ることができない植物にオナモミがあります。名前のとおりオオオナモミに比べて実が1~2cmと小さく、とげの数も少ないことが特徴です。オオオナモミはメキシコ原産で、日本には昭和初期に入ってきています


分布と生態
[PR]
by 2005konchan | 2007-03-25 10:21

太陽の光を浴びる菜の花

御殿場に龍の彫物と富士山の伏流水を探しに行った。
R246号の山北辺りで河村城址の有る浅間山の南斜面が黄色かったので、近くまで行ってみた。
みかん山の農道で車のすれ違いのできない細い道を登り続けた。
サンサンと照りつける太陽の光を浴びて、濃い黄色の花びらだった。
平地ではまだ咲いていない桜が、山の上で咲いていた。
c0059854_022578.jpg


c0059854_0222063.jpg


c0059854_0223329.jpg


c0059854_0224654.jpg


c0059854_0233754.jpg

[PR]
by 2005konchan | 2007-03-19 00:26

開花宣言まぢかし

東京の桜の開花宣言は、靖国神社のソメイヨシノである。

3月17日、午後撮影に行ったら、4輪目が少し膨らんでいた。
規定では、5輪開いたら、開花宣言するそうだ。

ホームページはここから

c0059854_2055148.jpg


c0059854_20554743.jpg


c0059854_20561220.jpg

[PR]
by 2005konchan | 2007-03-17 20:57

私の生家前を38年ぶりにSLが走った。

c0059854_21533991.jpg

[PR]
by 2005konchan | 2007-03-12 21:54

青梅市梅の公園

首都圏の梅林を、今までに取材した中で、モットモ良かった所と推薦できます。

昨夜NHK8:45で放送したので、人出も最高だったかもしれない。
立川駅から8両編成、10分間隔で青梅駅が終点、
青梅駅から奥多摩駅へは30分間隔、そして、4両編成だったので、電車は400パーセントの乗客だった。

写真は41枚のスライドショーをご覧頂ければ様子が良くわかるでしょう。
http://www.von.mydns.jp/ichigan/yosino/ume.htm

c0059854_21219.jpg



この大勢の人たちが撮影している光景です。
c0059854_2289.jpg


c0059854_222374.jpg

[PR]
by 2005konchan | 2007-03-11 21:58

だるま市・・・から判った事。

2007年にだるま市を三ヶ所取材した。
柿生の木賊不動尊のだるま市・・・1/28
吉原の毘沙門天大祭のだるま市・・・2/26
調布の深大寺のだるま市・・・・・・・・・・3/4

最初、「柿生の木賊不動尊のだるま市」が納めのだるま市で、関東で一番最後に開かれた。
・・・なんで、一番最後なんだろうか??

吉原の毘沙門天大祭のだるま市」は、毎年旧暦正月7、8、9日に行われています!!

「調布の深大寺のだるま市」は、旧暦1月3日の元三大師の命日に行われていたものが新暦にあわせてこの時期になったそうです。もともと農閑期に行われていたこの行事。・・で、3/3~3/4。

結論は、だるま市は旧暦で開催日を表現しているのだった。
[PR]
by 2005konchan | 2007-03-07 08:14

深大寺 だるま市

日本三大だるま市と言われる、深大寺の境内はだるまの色の朱色に染まり、2日間(3/3,3/4)都内最大級の規模の賑わい。

徳川時代より続く、伝統行事も行われるだるま市ですが、時代によって様変わりしてきた。
明治の終わり頃には活動写真や小屋掛けの見せ物、がまの油売り、バイオリン弾きなどがおり、
今のだるま市とは違った様相を呈していたようである。
現在、境内には120店、門前周辺には200店もの露店が出て、その内だるま屋は80店ほどである。

ところで、だるまの目をひとつずつ描くことは知られているが、それぞれの意味をご存知ですか?
左目は「阿(あ)」を、右目は「吽(うん)」をあらわしており、左目は願いを込めて、
右目は感謝を込めて、描き納めるという意味があるそうだ。

13:30頃より、花粉症の対策の顔マスクをした集団が境内に集まりだした。
伝統行事の『お練り行列』に偶然の出会いだった。

この様子はホームページでの動画でご覧いただけます。
c0059854_7343367.jpg


c0059854_7345184.jpg


c0059854_735772.jpg


c0059854_7352533.jpg


c0059854_7355119.jpg

[PR]
by 2005konchan | 2007-03-04 20:27


万歩計を腰につけて、鎌倉を歩き回ったことを思い出しました。


by 2005konchan

プロフィールを見る
画像一覧

近ちゃんギャラリー

当ブログの母体である「近ちゃんギャラリー」もお薦めいたします。

タグ

(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

カテゴリ

全体
ハスの花
ひなまつり
歳時記
紅葉
梅の花
かもめ
水族館
あじさいと古民家
だるま市
手作り品
鎌倉1月の花
菜の花
鎌倉2月の花
湘南2月の花
黄金色の輝き
鎌倉3月の花
夜桜
歴史に残る建築物
鎌倉4月の花
鎌倉5月の花
鎌倉6月の花
空襲による被災樹木
未分類

以前の記事

2015年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 02月
2002年 04月
2002年 03月
2002年 02月
2002年 01月
2001年 04月

お気に入りブログ

関西ウォーカー自遊人 T...
カステラの日々是香日-

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31